ブログ
blog

亜米利加紀行 Ⅳ カーン

2015.12.23

この亜米利加旅行シリーズはアメリカの建築家カーン(1901- 1974)の作品を見て、そのことを書くため、だったのだが、
なかなかカーンのことは書き出せなかった。
観光見物みたいなことばかり書いて、カーンのことを書くことから逃げていたようなところがあった。
というのは、彼の建築を見て、あまりにも凄過ぎて、しばらくどう書いていいかわからなかったからだ。
見た建物はニューハンプシャー州にあるエクセター・アカデミー図書館など。。
下の写真はそのエクセター・アカデミー図書館です。
Img_2546_2
Img_2593
Img_2585
実際に見て、カーンほど空間の構成能力が高かった人はそういないのではなかろうか。
彼がこの図書館にかけた空間構成へのエネルギーの凄まじさ、その能力高さを、長年建築にかかわってきたきた人間として、じっと見ているとそのことがひしひしと伝わってくる。

この建物のための空間の秩序(シンプルではあるが、多様な空間を生みだす秩序)を発見し、
その秩序を維持する徹底的なディテールへのこだわり、
それが一分の手抜きをすることなく全体に貫かれている。
それは並のエネルギーではない。
とんでもない集中力の持続があったと思える。

建物を読み込みながら、その徹底的な意思を見出すたびに、彼はこう考えたんだなと知らされ、へとへとにに疲れてしまった。
それはこの建築が居心地が悪いというのではなく、
建築を専門とする人間から見ると、ここまで考え抜いてやっている強靭さへの畏敬から来るものだ。

「私のルイスカーン」という名著があるが、それを読むとカーンが天才と奇人はやはり紙一重、との印象があったが、
実際の作品を見てみると、成る程、と思わせる。

日本に帰って、この図書館の模型を事務所で作ってもらった。
カーンの空間構成の手法を勉強するため、そして何よりもカーンの建築への挑戦する気概を忘れないため。
Img_3772
Img_3783
この図書館のほか、コネチカット州にあるイェール大学アート・ギャラリー、テキサス州のキンベル美術館などを見て、世の中には凄い人間がいるものだと、またまた思い知らされた。

HANDS+EYES展 Ⅱ

2015.12.01

引き続きHANDS+EYES展です。

京都、南禅寺界隈行くと琵琶湖疎水が目に入る。
Img_3471
そしてこのトンネルの図面だけど、
「このように作るんですよ」と、図面が語り掛けているという意味ではこの図はそれをよく表現している。
Img_3470
琵琶湖疎水の設計者は田邉朔郎と言う人だけど、
工部大学校(現東大)での卒業論文で琵琶の水を京都に引く研究をテーマとして書いたことがきっかけになり、
琵琶湖疏水工事の主任に、なんと若干23歳で抜擢される。
この図も田辺が書いたものなのだろうか。
そう思いながら見ると、感慨深いものがある。

HANDS+EYES展

2015.11.22

新宿西口地下広場を通りかかったら、土木の展覧会、HANDS+EYESをやっていた。
土木は内部空間がないだけで建築に近しい世界。
そんなわけでフラリと橋の図面展に入ってしまった。
展示されている橋は相当に古い橋の図面や写真で、関東大震災後の復興計画で作られた橋など。

御茶ノ水駅の横を流れる神田川に誰も見たことのある橋、聖橋(ひじりばし。昭和2年に完成。設計は山田守ほか)がありますが、その建設中の写真です。
Img_3462_2
その青図面です。
Img_3460
橋のアーチをどのようにして作り出したかを説明した図面。
Img_3459_2
今やパソコンによるCADで設計するのが当たり前になったが、
20年前は手書きがほとんどだった。

図面はもちろん手書きで、聖橋の設計者、山田守と会話しているような気分になる。
どうも、手書きの図面を見ていると、設計者の考えが伝わってくるようだ。
「私はこう考えて設計した」とか「このように作るんですよ」と、
これから工事をする人人に話しかけるように書かれている。

おそらく、鉛筆や、烏口(からすぐち)で描くという、手間暇かかる行為がそうさせるのではないか。
いまのCAD図面にはどうも制作者への語り掛けが欠けている。

亜米利加紀行 Ⅲ ボストン

2015.10.20

ボストンはアメリカでもっとも古い町の一つ。
ボストンで最初に目についた建物がこれ。
なかなか美しい。
Img_2487
アメリカ通の友人にこの写真を見せたら、
「泉さん、こういう建物の躯体はRCでなく、鉄骨なんだよね」とのこと。
そうか、エンパイヤステートビルだってそうだもんね、と納得。

泊まったホテルの部屋の真ん前のビル、です。
いい雰囲気のレンガの煙突。
Img_2526_31
レンガやタイルといえばこの建物。
すごっく美しいファサードのビルだったけど、
この美しさは目地にあり。
Img_2735_51
同じタイルをほとんど目地なしと、目地ありで貼っている。
しかも目地のテクスチャーがタイルに溶け込んでいる。
座布団一枚を上げたい、いい仕事だ。

アメリカのこの時代の建物には水平方向の張り出しを鉄骨で作ったものが多い。
Img_2713
成る程これだとコンクリートを打つのも簡単。

亜米利加紀行  Ⅱ

2015.09.21

かつて、アメリカって歴史がないから、いい建物はないよな~、と思っていた僕に、
アメリカ住まいが永かった建て主さんから、
「でも泉さん、アメリカの13州はいいわよ」といわれたことがあった。
アメリカの13州とは、独立当時の13州のことで、今でもアメリカの国旗の横の帯は13ある。

これまでに、いろんな国に行って建築を見てきたが、
そんなことを言われても、アメリカにまで行って建築を見たい、とは思わなかった。
近代建築にそう興味がなかったからだ。
アメリカには近代建築の巨匠たちの作品が山ほどあるが、古い建築はないしなー、と頑なに思っていた。

まぁ、アメリカの建築を全く見なかったかと言うとそうでもなく、フランク・ロイド・ライトやミースなどのいくつかの作品を見たことはあった。

ところで、今度アメリカへ行って驚いたことは、
アメリカって結構、歴史があり、歴史的ないい建物が、あるじゃーんということ。
特に大学は古い建物がたくさん。
ニューヘブンのイエール大学は相当古かった。
ここはヨーロッパと思い間違うほどの、古い雰囲気がある。
Img_2902
Img_2907
Img_2879
よくよく考えりゃ、アメリカはイギリスで産業革命が起こった頃独立したわけだし、このイエール大学などの幾つかの大学は産業革命以前からあったのだから、相当に歴史的建築に属する建築を作ってきたわけだ。
僕が知らなかっただけだけど、意外や意外だった。

亜米利加紀行 Ⅰ

2015.09.15

しばらく時間が空いてしまいました。
アメリカに行ったりしてたもんですから・・・。

アメリカはカーンを見るため。
カーンと言うと、建築に関係ない人にはサッカーの元ドイツ代表の守護神、オリバー・カーン、
別名「ゴリラ」と呼ばれた人のことだとお思いになるだろうが、
ルイス・カーンという建築の巨匠のこと。
こちらのカーンもライオンのようなスゴイ人だけど。

日本の建築家がアメリカに行ったときに最も見る建築は、
カーン設計のキンベル美術館、と旅行会社の人に聞いたことがあるが、
そのくらい有名で、尊敬を集める建築家。
恥ずかしながら僕はカーンの建築をまだ見てなかったので、
たまたまチャンスがあり、この旅に出かけた次第です。

もちろん建築を見行くのが目的だが、
海外旅行はそれだけでない感動や面白さがある。
亜米利加紀行も取りあえずはそのあたりから。

たまたま乗ったバス、なんか変。
吊り広告が全くない。
僕ら日本人からしたら寂しささえ覚える。
Img_2432
ボストンの地下鉄。
地下鉄の創成期のころの作ったのだろう、路面電車をそのまま地下に下したような感じ。
線路を超えてホームを行ったり来たりする、超危険な人がいた。
Img_2528
ひゃーっ、凄い電車!
アメリカって貧乏?と思ったが、パワーを感じさせる。
Img_2530
ボストンの観光バス?船?
水陸両用のようだ。
Img_2695
ダラス上空。
街はすべて、全部、計画的に作るものなのだ。
Img_2958
やっぱりアメリカって伸び伸びと作れるよね。
Img_2948
また、しばらくアメリカ紀行を行います。

8月15日

2015.08.16

TV「戦後70年番組」が立て続けにあった。
最近発掘されたのか、これまで見たことのない沖縄や硫黄島、特攻隊の生々しい悲惨な戦場の映像が映し出されていた。
番組として質的にレベルの高いものが多かった。
見れば見るほど戦争の悲惨さは底が深い。
また戦争の記憶が遠くなりつつある中でこの悲惨さは後世に伝えていかなければならないと思う。
しかし映し出されるその悲惨さは私達、日本人が経験したものばかり。
例年、この時期日本は「日本人の受けた悲惨さ」に覆われてしまう。
日本が近隣諸国に与えた悲惨さを映し出すものは全くとしてない。

そのような中で、首相の談話が発表された。
私たちの子や孫の世代に「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」との言葉があった。
確かに近隣諸国から、いつまでもいろいろ言われるのは嫌なもので、過去の問題はスッキリさせたいものだ。
だから今の日本人には受け入れやすい言葉だ。
しかし、その言葉には大変なジャンピングがある。
スッキリさせるには、相手への明快な謝罪と行動があり、それを相手が受け入れることによって始めてそれは可能になる、という当たり前のことが抜け落ちている。
さらに言えば「外交カードとしての歴史認識問題」を相手方が持ち出していると言われるが、そのカードを残させているのも日本が適切な言葉と行動をとらなかったことによる。

私達日本人は島国に住み、やはり視野狭窄症に陥りやすく自己本位に物を見がちではないか。
第二次世界大戦による死者は全世界で推定約6000万人、そのうち日本人は約300万人と言われる。
日本以外にも多大な死者がいて、第二次世界大戦での死者はドイツ人とユダヤ人に日本人がほとんどと思われがちだが、むしろ日本人の死者は1/20に過ぎない。
日本のために死んでいった人たちを追悼するとともに、日本によって死に追いやられた人々をも追悼する日にしなくていいのだろうか。
どうも今回の「談話問題」も同じく視野の広さの問題のように思える。

予告

2015.08.13

このブログ、スパムが大変!!
凄い量のスパムが襲来しています。
特にきれいな写真のページに襲い掛かっているようです。
そんなわけで、毎日毎日スパム退治に時間を取られて大変。

そこで、時々書き込みをして頂いている方には申し訳ないのですが、
しばらくコメントの受付を中止します。

ブログを始めたのが2003年。
このブログも随分昔風のデザインになってしまいました。
近いうちにデザイン一新の予定で、現在作業を進めています。
一新したら、自動的にスパム退治をできるようにして、
またコメントを受け付けられるようにします。

よろしくお願いします。

自分らしい人生を

2015.08.13

僕の事務所に7年前までいたK君と久しぶりに一緒に設計をすることになり、
その完成した住宅です。
Img_1934_2
Img_1936_2
この仕事が終わり、彼は海外で仕事をするために旅立った。
K君は外国語が堪能で、
そんなことから、現在、海外にある日本の大使館で仕事をやっている。
建築の仕事とは関係ないけど。

彼が僕の事務所に来たのは十数年前。
まさか今頃、海外で生活するようになるとは、その時想像だにしなかった。

人生は将来どうなるか、どうしているか誰にもわからない。
しかし、どうであれ、前向きに生きているかどうかが大事。
その点、彼は大丈夫だろう。

大学で学生に向き合っているが、
就職を控えた学生を見ていつも思うことは、
もう少し人生を自由に考えてもいいんじゃないか、ということ。
最近若者の安定志向が強まり、
どこかの企業に就職し、そこに埋没する人生しかないように思っているようだ。
卒業時の就職のときだけでなく、自分の可能性を広める努力を続けてもらいたものだ。

ミラクル諏訪盆地

2015.07.24

「家づくり学校」の学生諸君と諏訪にある鉄平石の採掘場の見学に行った時のこと。
不思議なものにたくさん出会いました。。
岡谷に何とひなびた銀座1丁目が。
Img_2118
最もこのあたりは、かつて絹の製糸業が盛んだったらしいから賑わっていたのかもしれない。

落ちぶれた製糸工場の物置の中に生えている木。
外の木がガラスに映っているわけではない。
う~ん、この木、外に出たいだろうな。
それとも温室のようで気持ちいいのかな。
Img_2132
鉄平石の屋根です。
これは素晴らしい、でも今じゃめったに見られない。
Img_2128
極めつけはこれ!
藤森照信さんの作品。
Img_2135

金地院

2015.07.11

京都南禅寺の隣に金地院というお寺があります。
金地院は小堀遠州作の鶴亀の庭と言うので有名。

その鶴亀のうちの亀の方に、ほとんど枯れたような松の木が植わっていてこれが凄い。
龍のような松。
Img_1474
金地院にはこの庭の他に、やはり小堀遠州作の茶室「八窓席」や数々の襖絵があって楽しい。
襖絵のうち長谷川等伯の襖絵「猿候捉月図」「老松」をホントに身近に見れるのがいい。
どうやって書いたか作者の筆遣いを追うことができる。

かわいいアマガエル

2015.07.05

先日、茨城県の植木畑に行った時のこと。
畑を歩いていたら、小さな体長1センチくらいのアマガエルが。
植木畑の奥さんがひょいとつかむと逃げ出して、腕にペタッ。
アマガエルってかわいい、かわい過ぎ。
それに緑色がとってもキレイ。
Img_2030
Img_2036
思わず連れて帰りたくなったけど、東京じゃかわいそうでやめにした。

中華思想

2015.06.21

ナーるほど。
地図を回転してみると、

そうか、中国の人はこのようにみてるのかもしれない、と思った。
1

紫陽花

2015.06.01

家の猫、ムルが亡くなってもう10年近くなる。
20041101
ペルシャ猫の雑種だったが、
可愛がっていたので死んだ時は本当に悲しかった。
今でも抱いた時の感触が腕に残っていて、
よその猫を抱えた時に、あーそういえばムルもこうだったな、と思い出したりする。

火葬した後、ムルの骨は庭の一角に埋めたが、
そこに三宅島の浜辺で拾ったきれいな石を一つ乗せた。

先日花屋の前を通ったら、きれいなアジサイの鉢を売っていた。
こんなきれいなアジサイを毎年見れたらいいだろうなと思い、一鉢買った。
帰りの電車の中で、狭い我が家の敷地だが、どこに植えようかと考えたが、
やはりここしかないなと思ったのが、ムルの墓のすぐ横。
毎年咲いてくれたらいい。
Img_1613

新人募集

2015.05.19

泉事務所では入所希望者を募集します。
希望者は取りあえず履歴書などをお送りください。

28年前のネパール

2015.05.16

ネパールで地震があったけど、このネパールに30年近く前、行ったことがある。
首都カトマンズに夜遅く着いたが、カトマンズ空港は天井の低い木造の納屋、いや牛小屋いった方がいいくらいのもので、裸電球が所々についていて、薄暗かった。
着いたカトマンズの街は暗く、ところどころしか明かりがなくよくわからない。
それでも目を凝らしてみると、3~4階建ての建物がぎっしりと密集している。
さらに人影がうごめいているのもわかる。
それは中世の街に紛れ込んだかのような錯覚を覚えた。

次の日にカトマンズからポカラという西の街へ飛行機で飛んだが、
小さな6人乗りくらいのプロペラ飛行機で、途中操縦室に乗務員が案内してくれた。
操縦室は窓が大きく、何とヒマラヤ山脈が横にそびえたつ、一大パロラマを堪能できる大サービスだった。
それを見ただけでもネパールに来たかいがあったというもの。
1987_021
乗務員が説明するに、この山、マナスルだとのこと。
マナスルは日本人が初登頂したから、僕らにはなじみ深い。
お~~っ、と大感激。

そんな興奮状態の中、飛行機はポカラ空港へ。
外を見たらこれから降りようとする飛行場は何と草っ原。
ひやひやしたが、何のことはなくスムースに着陸。
1987_026
ポカラで2泊した後、錆だらけの今にも壊れそうな四駆で再びカトマンズへ。
道はガタガタ、胃がひっくり返るくらいに揺れる。
左は断崖絶壁の川。
途中グルカという町に寄った。
このグルカは傭兵(海外で兵隊として雇われ稼ぐ人)の村で有名だが、ネパールの王朝の故郷でもある。
このグルカ宮殿を見たいと、ひとり革靴で汗だくだくになりながら登り、峠まで来たら、
何と、飛行機から見たマナスルが目の前に突然現れた。
1987_164
ネパールの地震の震源は、この写真を撮ったグルカと、目の前のマナスルのちょうど間あたりだったようだ。

展覧会のお知らせ

2015.05.07

お世話になった先輩の遺作展です。
今週の土曜、9日までですが、
もしも銀座方面に行かれる機会がありましたら是非、是非。
Img007_2
Img008

置かれた場所で咲きなさい、と言うけど

2015.05.03

道を歩いていたら、思わぬところに花が一輪、ポツンと咲いている。
道路の縁石と、アスファルト舗装の歩道の間のほんのわずかな隙間にポピーが根を張っている。
Img_1566
種がたまたまこの隙間に落ちたのだろうか?
救ってあげたいような、なんとも際どい生命維持の環境。

身動きできないのは植物の宿命だが、
可憐な花をつけているのがいじらしい。

ARCHIVE