ブログ
blog

夢の扉を開く男

2012.10.29

以前不思議な、すごい軟弱地盤における土のうによる基礎工事を紹介したことがあります。

その構法と製品を発明したのは僕の事務所にいたことのある野本太君。
その彼が今週日曜日、11月4日夕方6時30分よりよりTBS「夢の扉」という番組に出ます。

夢の扉を開く男、としてかっこよくTVに出演です。
ぜひ見てください。

なお彼の会社のHPはここです。

民家園・集落 Ⅱ (韓国編)

2012.10.21

前回の四国村は四国各地の民家を集めた、いわゆる民家園。
ところで、民家園は世界各地にあるが、
民家園もさまざまで、出来不出来色々だけど、よくできた民家園は楽しい。
村全体をそっくりそのまま残したものもあるが、
一度にいろんな所の民家を見れる民家園もありがたい。

そんな民家園、集落をこれから何回かに分けて紹介したいと思うが、
まずは隣の韓国から。

ソウル郊外の韓国民俗村☆☆☆は大変有名で、
韓国各地の民家を集めてある。
敷地は広大で、ゆうに1日は過ごすことができる。
観光コースにもなっているので、行かれたことのある方も多いのでは。
韓流時代劇に出てくる風景が・・・。
1986_015
まず、このソウルの民族村に行かれたあとは、
韓国各地に散らばる民家を見て歩かれたらいい。
安東市にある河回(ハフェ)村☆☆は村をソックリ昔のまま残している。
最初に行った30年前は本当に昔のままだったけど、
最近段々と観光地化してきているのは残念。
1986_054
また慶州の良洞村☆☆も村全体とまではいかなくとも、
一塊りになって美しい民家が残っている。
1986_128
九州からすぐ近くの済州島には城邑(ソヌプ)民俗村☆☆という、
村一つををそっくり残したところがある。
韓国の伝統が生きている民俗村で、
タイムトリップをしているような気分になる。
風避けの家の外壁の石垣がそのまま曲がりくねって塀になっている。
1988007
韓国には他にもたくさんの民俗村があるが、
自国の文化を大事にすることと共に
民族意識を高めるためることが一体となっているようだ。

四国村

2012.09.29

四国村、正式には四国民家博物館というらしいけど、
香川県高松市屋島にある、四国の民家を集めた村。
関東では川崎の民家園が有名だけど、
この四国村はなかなかのもの。
ただ民家を集めて展示しているだけではなく、
敷地全体のランドスケープをデザインしてある。
流政之さんの自然に溶け込んだ彫刻があったり、安藤忠雄さん設計の小さな美術館もあったりもする。
Rimg5478_2
Rimg5481
Rimg5546_2
Rimg5490
Rimg5538
Rimg5564
いいでしょう?
行ったことのない人は是非。

四国村に行くときに忘れてならないことは、
四国村の入口横に、
讃岐うどん「わら家」という店があって、そこの釜あげうどんは絶品。

若い芽が Ⅱ

2012.09.25

3.11から1年半経ち、津波の記憶が風化しつつあるようだ。
しかし、東北の復興はまだまだ。

今日紹介する本は、南三陸が出身地の山内明美さんの本。
山内さんは現在郷里の南三陸に帰り、宮城大学の特任調査員として現地調査に取り組み、
また、研究者という立場から、地元、南三陸の復興支援、新たな街づくりのための活動を続けている。

そのような山内さんが書いた子供向けの本だけど、大人も十分読める。
photo_2
僕は研究者の端くれみたいなこともやってるが、
現実と対峙し、思考する研究はあまりお目にかかれない。
山内さんはすごい現実と関わっているだけに、
根本に世界をどのように変えていったらいいか、とのリアリティーが感じられる。

以前紹介した本もそうだが、
若い人の中からそのようなリアリティーを感じさせる本が出ている。
日本はこれから。

あまりにもズル

2012.09.16

政府が「2030年代に原発稼働ゼロ」を目指す政策を発表した。
しかしこれは注意深く読むと、あくまでも「目指す」であって「にする」ではない。
30年代にゼロを目指すといっても、
内容をよく読むと、「あまりにも確定的なことを決めてしまうのは無責任な姿勢だ」とか、
「不断に見直していく」といった言葉が出てくる。
野田さんは30年代にゼロを本気にとらえているのか、
本当に問題に向き合おうとしているのか、
あるいは政権としての覚悟は本当にあるのかと思いたくなる。
一見30年後には原発ゼロと思わせながらも、
裏には原発を残すための言葉がズルく隠されているようではうんざりする。
よく政治には妥協が必要といわれるが、これは妥協でも何でもなく、
なにも政策として決めたことにはなっていない。
後になって骨抜きにできるような可能性を持った政策では政策にはならない。

しかも、現在自民党総裁選の5人の候補全員が「2030年代に原発稼働ゼロ」の方針に反対。
政権に自民党が復帰したら方針を転換する可能性が高い。

言葉の力

2012.09.01

作家の浅田次郎さんが原発について、
ニュースステーションで話していた。

今僕らが原発について思っていることを、
何とうまくしゃべることができるのだろうかと感心した。

言葉数はそんなに多くないんだけど、
適切な単語で微妙なニュアンスを伝えていた。

さすがと、作家の言葉を使う能力に感心。
見てない人がいたらもったいない、と思い、
YouTubeに誰か載っけてないかと探したら、やっぱりあった!

見たい方はこちらを。

御同輩へおすすめ

2012.08.18

音楽はクラシックが好き、とはなかなか言えない。
面白くない奴、気取っている、軟弱・・・と思われるのが嫌だから。

ところで最近60年代、70年代の歌謡曲が妙に心地よい。
車を運転しながら聞いているCDです。
70
60、70年代というのは僕の青春時代。
歌謡曲のファンだったわけではないが、
どういうわけか、その頃はやった曲を聞くとほとんど知っている、歌手の名前さえ。
街に流れていて、自然と耳に入ってきていのかなー。
音楽のジャンルがそんなに分かれていず、
世代を問わず国民的音楽だったこともあるかもしれない。

♪  青春時代が 夢なんて 後からほのぼの 思うもの
青春時代の 真ん中は 道に迷っているばかり ♪

♪   浴衣の君は、すすきのかんざし、
熱燗徳利の首つまんで、もういっぱいいかがなんて、
みょうに色っぽいね ♪

こんな曲を聴いたあと、お口直しにショスタコービッチを聴いたりしているけど、
歌謡曲もいい、うん!

3.11その後

2012.08.12

復興関係の仕事で東北へ行った。
昨年の津波の後の風景から一変している。
復興が遅い、遅いと言われているが、
瓦礫の山はあっても昔の街区の跡がはっきりとわかる程度まで、
片付いていた。
初めて行った人には津波のあとの悲惨な風景は想像できないだろう。
R0019226
しかも瓦礫はコンクリート、鉄筋、木材・・・、と分別されていて、
ここまで来るのに、その作業は途方もないことだったに違いない。
R0019268
木材だけに分別された山。
R0019276
見た目にはそうであっても、まだ何も解決したわけではない。
しかし、復興への前向きな気持ちを随所に見ることができたのは救いだった。

偽神主

2012.08.03

偽一級建築士が話題になっているけど、ニセ神主発見。

建て主さんが共稼ぎで日程が合わず地鎮祭をやることができなかった。
でも、別段信じているわけではないけど
工事の始めは神主さんにおはらいをやってもらわないと何かスッキリしない。
ということで自分たちで地鎮祭を執り行うことになった。
で、偽神主登場となった次第だが、
神主さんによる地鎮祭のやり方は200回近く見ているから大体のことはわかる。

工事関係者は結構神妙!
R0019204
浄化槽がかつてあったところもチャンとお祓いを。
R0019206
最初は照れくさかったが、だんだん神妙に。
終わってなんだかスッキリした。

おすすめの35LE

2012.07.20

事務所のあるマンションには庇がなく、
室内に直射日光がガンガン入ってくる。
エアコンをもう一つ増やしたいのだが、
古いマンションで電気容量が小さく、増せない。
だから夏は汗ダクダク、あせもができたりすることもあった。

昨年3.11のあと電力使用制限のニュースを聞き、
今までのエアコンさえ使えなくなったら、こりゃー大変と、
窓に遮熱フィルムを貼ることにした。

3M(スリーエム)のカタログを見て最上級の性能の遮熱フィルムを探し、
貼ってみたら凄い!!
一昨年よりずっと過ごしやすくなったし、
そのうえ、このフィルムは暖房時には断熱効果まである。
R0019180
ただし夜は窓ガラスが鏡になり、外を見ることができない。

フィルムの型番は「アンバー35LE」
電気代も一昨年と比べ去年、今年とかなり下がった。

屋根二つ

2012.07.15

京都丹波で見かけた屋根で、むくって(そり屋根の反対)います。
大屋根の天井裏の換気は梅が二つ。
壁面は漆喰で、雨だれで転々と程よく染みがついている。
R0015791
次は、川崎の民家園にある、いわゆる合掌造りの家。、
民家園に移築前は富山県五箇村にあったらしい。
葺き替えたばかりで、なんともすごい迫力。
Tn_r0016339

新婚さんいらっしゃ~い

2012.07.02

仕事柄、建築家の友達は多いけど、
その中でも敬愛する建築家に三澤夫妻がいます。
大阪で活動していますが、東京でトークショーをやることになり、
その相手に僕が指名された。

三澤夫妻のことなら、ここは一つの頑張ってあげなきゃならんと、
仕掛けを色々と考えた。
夫婦の建築家だから、「新婚さんいらっしゃい」方式でやることにした。
桂三枝と山瀬まみちゃんのお面を作り、、
スタートはそのお面をかぶって「新婚さんいらっしゃ~い」と言って二人を迎えることにした。
599327_360025470733271_496109765_n1
観客も大喜び!
彼らが新婚さんだったのはとっくの昔だけど、
どのようにして建築事務所を始め、また建築に対する考え方などを聞きながら、
彼らがやって来たことを表現できるようにした。

最後に会場前での記念写真です。
左から山瀬まみの編集者である帳さん、三澤夫妻、そして桂三枝の私です。
599646_360025567399928_465225100_n1

紫陽花の季節 Ⅱ 隅田川の花火

2012.06.18

一昨日、友人達と目白の「CHOTO HAIL]で飲んでいたら、
カウンターに、あれっ!「隅田川の花火」が飾ってあるではありませんか。
R0019023
マスターに、これ「隅田川の花火」ですよね、と言ったらニコッと笑って、そうですとのこと。
再び恋人にあったようで嬉しくなった。

昨日近くの床屋に行こうと思い散歩気分で歩いていたら、
あるわ、あるわ、昔の恋人が3度も顔を見せた。

まず酒屋の横で、
R0019024
次に蕎麦屋の入口で、
R0019025
民家の庭で、
R0019027
12~3時間で計4回も会い、
結構知られている紫陽花だと分かり、無知を恥じた次第。

紫陽花の季節

2012.06.11

紫陽花の季節です。
家の近くで変わった紫陽花が塀の上から覗いていた。
R0018992
変わってるし、美しい。
植物図鑑で調べてみたら、
似たようなのがいくつかあって、これ!とはっきりは言えないが、
「墨田の花火」が最も近い。
違っいていたとしても、「墨田の花火」にしたい気がする。

さらにこのような紫陽花も見た。
R0019013
カシワバ(柏葉)紫陽花。
植木屋が名前を教えてくれたので、これは確か。
葉っぱが柏の葉に似て、ヒアシンスのように花が上に伸びている。

ところで紫陽花も植栽工事で時々使っているけど、
梅雨時は本当に美しいが、冬になるとみすぼらしい。
だから周りの植物で少し隠れるように植えるのがコツのようだ。

ふるさと直送便

2012.06.08

毎年の盆、暮れ近くになると、田舎から「ふるさと直送便]が届く。
R0018983
田舎は熊本県八代市。
東京にいるオジさんに僕の甥っ子が送ってくれていて、玉手箱を開けるようで嬉しい。
最近田舎に帰ることが少なくなったから、送ってくれるたびに田舎のことを思い出す。
箱の中は毎回少しづつ異なっていて、今回は・・・、
R0018989
メインがメロンで鮎の甘露煮やお茶、トマトベースのゼリー、ザボンの花の蜂蜜、それに八代の観光案内書。
僕がまだ田舎にいた頃の名産品は、
晩白柚(バンペイユ、でっかいザボン)に球磨川でとれる鮎、畳表のい草くらいしかなかったが、
最近では色々と町おこしのための工夫をしているようで、送らてきた中身からわかる。
メロンも作ってるんだなーとか、定番のザボンや鮎にもひと工夫加えているんだな、というように。

この「ふるさと直行便」は田舎の産物を少しずつ集め、
玉手箱のようにセットにして送るアイデアがすばらしい。
一つ一つの商品種だったら、このように東京まで流通することは無かったに違いない。

イ・サン

2012.06.05

NHKのTV、日曜夜11時からやっている韓流時代劇「イ・サン」にはまっている。
イ・サンは朝鮮王朝の王様の一人で、”正祖”大王とも呼ばれる立派な政治を行なった人らしい。

3~40代の頃何度も韓国の民家や宮殿を見に行ったが、
建物だけでは抜け殻で、そこで生活する人の服装や振る舞いはわからなかった。
TVを見て改めて朝鮮の文化の美しさに感激。

TVにかかわらずセットも素晴らしい。
Inr0018608

大山蓮華

2012.05.29

新しい敷地を見に行ったら、早速に小さな白い花をつけた木が目に入った。
少し離れていたが、オガタマ?いやオオヤマレンゲかな?
でもオガタマにしては花が大きいし、オオヤマレンゲは滅多にないし・・・・?
聞いたら、亡くなった奥さんが「お茶」をやっていて茶花として植えた木だそうだ。

オオヤマレンゲは日本の西の方に植生し、
高い山、深山で目にすることができる。

蕾は真っ白く清廉潔白で、一点の汚れもない。
R0018912_2
花になると華やかさが加わるが、ちょっとうつ向き加減に咲くのがいい。
R0018929_2
自宅を建てた時にメインの木として植えようと思って探した木だったが、
大きな木は移植が難しく、諦めた。

実際に植えた木は枝垂れ桜で、4年経ち今ではすっかり気に入っているけど・・・。

茶室の北米産ユリノキ

2012.05.21

家づくり学校の茶室の勉強で、3畳台目の茶室に行った。
そこの床の間に飾ってある花に目を吸い寄せられた。
花びらは薄緑に赤がほんのりとさしている。
茶花にしては艶やか、でも派手ではない。
薄暗い茶室に、控えめにいきづいていた。

薄暗くちゃんと写真には取れなかったが、
R0018867_2

何の花だろうと思っていたら、ユリノキの花だそうだ。
ユリノキといえば街路樹でよく目にするが、
花がこのようなものだとは知らなかった。
ネットで探してみたら、いろいろと写真が出てきた。
キレイと思っている人がたくさんいるんだろうな。
34911511

ARCHIVE