ブログ
blog

今年何番目かの出来事

2011.12.28

これまで建設現場には、延1000回以上は行っているのではないかと思う。
現場は結構危険なところだが、
オッカナビックリ屋なので、まだ一度も怪我をしたことがない。

ところが、ところが・・・・。

エレベーターを付ける現場があって、その穴に足を踏み外してしまったのだ。
1階で落ち、下は地下1階分の高さしかなかったのだけど、
落ちた時、落ちるまでの記憶が全くない。

そう書くと大怪我でもしたように思われるかもしれないけど、
実は気がついたときに、穴の入口の両サイドに両肘を広げて体を支え、ブランブランになっていた。
落ちる前のことは覚えているが、
落ちた瞬間や、両サイドの部材をとっさに確かめ、両肘を広げて体が落ちるのを防いだという記憶が全くない。
それにしても70数kgの体重を両肘でよく支えたものだ。
しかも両方の肘で35kgづつでなく衝撃荷重も加わっているはず。

すぐには誰も来てくれず、ブランブランの状態が続き、段々と腕がしびれて今にも落ちそうになったが、
結局、気付いた大工の丸チャンが下で「俺の肩に足をのっけてよ」と言ってくれ、
革靴を履いたままで悪かったけど、体重を下し助け出された。

落ちるときにどこも打っていなく、肘にアザもできてなかった。
次の日の朝もどこも痛くなかった。
本当に不思議。
こんなにスムースに落ち、咄嗟に穴の入口で両肘で支えていたとは、背後霊が僕を守ってくれていたんじゃないかと思うぐらい、奇跡的で不思議なな体験だった。

洋梨

2011.12.24

白菜に引き続き今度は果物。
Tn_r0018097
洋梨はいろんな画家が書いているけど、
描きたい気持ちが分かるような気がする。
セザンヌにゴッホ、ブラック・・・・・、
日本だったらリンゴのように身近にあるからかもしれないけど、
単にゴツゴツと言うのでもなく、
梨という形を維持しながらも、
中から湧き出すような形の力強さに魅かれたんじゃないかな。

でも切ってみるとそのような力の動きはちっとも見えない。
Tn_r0018068_2
外側の微妙な単線のカーブの動きが見えるだけ。

白菜

2011.12.22

野菜の詰め合わせセットを頂いた。
開けた途端、立派な白菜が目に飛び込んできた。
Tn_r0018043
箱に入っていると、姿かたちが際立って見える。
白菜って何と綺麗で、立派、そしてこんな形をしていたのかと感心。

生野菜より中華のように煮込んだ野菜が好きだけど、
寒くなると白菜の入った鍋は最高。

メキシコのマリア

2011.12.16

メキシコに行ったときに買ってきた人形です。
Tn_r0018005
先日、表参道を通ったけど、今年の年末の飾りつけは地味。
我が家も地味にクリスマスの飾りつけをした。
聖母子を中心に羊や東方の三博士などを並べた。

昨年はどこで買ったのか忘れたけど(多分モロッコだったか?いや違う)を飾った。

この二つはよく見ると似ている。
型をパクッて
世界中で同じようなものが作られいるのかも。

杉の木の日蝕

2011.12.11

「家づくり学校」の学生諸君と秩父へ。
秩父の山で杉の伐採現場や製材所などの見学のため。
秩父はもう冬だった。
Tn_r0017994
この山、段々畑があるように見える。
それも頂上まで。
頂上まで段々畑がある山なんて、このあたりでは見たことがない。
と、不思議だなーと思っていたら、
あっ、そうかこの山は武甲山?じゃないかと思いだした。
確か石灰石を採ってたんじゃないかな?
だから段々になったのかも?
間違っていたら何方か教えて欲しいのですが。

杉の伐採現場では日本の樵(きこり)100人に選ばれている上林(かんばやし)の話を聞きながらの見学。
この上林さんの話が抜群に面白かった。
樵という仕事は木を切るだけかと思っていたら、
山全体の総体に係わっている人なんだと思った。
山の生態、生活、山とのかかわり方、山での仕事、山全体にかかわっている人なんですね。
その上林さんが伐採したスギの木をチェンソーで1cm厚に切ってもらった。
切ったばかりの瑞々しい木を太陽にかざしてみたら、輝いていた。
Tn_r0017976
夜は月蝕、太陽が真反対に回ってたわけだ。

ゲージュツとドクショの秋 Ⅸ

2011.12.03

先日のイタリアのようにヨーロッパには装飾した玄関扉がよくあるが、日本には少ない。
日本の扉は木製で、外部だと風雨にやられるからか。

でも室内に目を移すと絵を描くことはよくある。
その中でも面白かったのは京都、修学院離宮の杉の板戸の絵。
R0015869
最初は板戸に鯉の親子だけが描かれていたものらしい。
鯉の作者は不明だが、
後年、その上から円山応挙が網をかぶせたとのことで、なんともユーモラス。
よく見ると網に破れ目まで描いてあったりする。

さらに面白い逸話があって、
夜な夜な離宮から抜け出す女性がいて、外に子供まで設けたらしい。
そんなことから網をかけることになったというが、
だから鯉は雌なのだろう。
破れ目はそれでも抜け出していたことを表わしているのかも。

ゲージュツとドクショの秋

2011.11.25

前回の続きですが、
教会の玄関ドアで素晴らしかったのは、
ローマの近く、列車で1時間ほどのオルヴィエートOrvietoのドゥオーモ(大聖堂)の扉です。
オルヴィエートは山の頂上にある山岳都市(hilltoptown)で、
中世に栄えた小さな美しい街。

建物自体は14世紀の初めの建造で、ロマネスクからゴシックへの移行期の建物。
僕が行った時は残念ながら修復中だったが、堂々として美しい。
Tn_1991_349
玄関扉は20世紀の彫刻家エミリオ・グレコの手になるもの。
ヨーロッパの建物は建ててそのままというものは少なく、
次々と手を加えていく。
でも、それまでの建物をリスペクトし調和させながら、さらにすばらしい建物に作り上げていく。
14世紀にできたオルヴィエートのドゥオーモもにも、20世紀の作家の玄関扉が何の違和感なく付いている。
Tn_1991_350

ゲージュツとドクショの秋 Ⅶ

2011.11.14

「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」
今の僕らには狐に騙されるなんてー、ありえない、それ迷信と思うから、
タイトルからして、うん?と思わせる本。
それも、騙されなくなったのは1965年から、と言うから面白い。
でも内容はまじめ、哲学的ともいえる内容を平易に誰にもわかるように書いてある。
著者の内山節さんは哲学者だけど、建築や風景論とも通じるところがある。
Tn__4
で、この本がとっても面白かったので、
今建てている住宅の建て主さんに、「これ面白いですよ」と教えてあげたら、
今度は建て主さんの方から「これ面白いよ」とお返しに次の本を紹介して頂いた。
「人は感情によって進化した」
進化って、感情と関係あり?って一瞬思いがちだが、
読んで見ると、それが目から鱗なんですね。
Tn__5
2冊ともお勧めです。

ゲージュツの秋 Ⅵ

2011.11.07

そうそう、先日大事なことを書くのを忘れていました。
東京造形大学の付属美術館にはジャコモ・マンズーの彫刻があります。
Tn_r0017822_3
背の高い作品だけど近くで見ると、
Tn_r0017824_2
日々このような彫刻を見て育つ学生は何と幸せなことか。
建築学科の学生にだって、こんな彫刻を日々見せたいもんだ。

ところでマンズーの作品でとくに有名なのは、
ローマ、バチカンにあるカトリックの大本山、サンピエトロ大聖堂の玄関の扉。
ホントにデッカイ扉です。
サンピエトロ大聖堂に行ったことがある人は多いと思うが、そこは美術品の宝の山。
その最初に出くわすのがこのマンズーの扉。
でも皆さん、以外と見てないよう。
もったいないです。
Tn_1991_401
詳細です。
Tn_manzu

ゲージュツの秋 Ⅴ

2011.11.03

大学の研究室時代の先輩の小野行雄さん、
現在東京造形大学の教授をやっているんだけど、
来年3月で退職。
東京造形大は退職の時にその先生の作品展をやるようだが、
現在、小野行雄さんの展覧会「日時計に魅せられて」が開かれている。
Ono1
小野先輩が日時計の制作をやっていることは展覧会の度に見て知っていたが、
その作品も素晴らしいだけでなく、
日時計をめぐる文化全体への興味には驚かされた。

展覧会は小野さんの作った日時計だけでなく、
世界の日時計を収集したものも展示してある。
江戸時代の日時計や諸外国の新旧のもの、
さらには日時計が図案化された切手や、学術本など多岐にわたっていた。

小野さんとは30年近く前、同じ研究室で過ごしたが、
その後の人生の足取りを見る思いがした。

なお展覧会が開かれているのは、
東京造形大学のキャンパスの中にある、
白井晟一設計の美術館。

日祭日は休館で11月7日までだから4,5,7日しかないが、
興味のある方は是非。

ゲージュツの秋 Ⅳ

2011.11.01

池袋のデパートのブランドの店の前に何か気になる絵が飾ってあった。

バックが金箔で、琳派(りんぱ)のような絵だが何か変。
古い絵ではないようだし、
よく見たら、馬が十数頭にスーツを着た男たちが乗っている。
アッ、下の方にサッカーボール。
Ad_0711
長谷部に、本田、遠藤、長友、香川、吉田、真ん中にザッケローニ……といるではありませんか。
しゃがみ込んでシゲシゲと見ていたら、お店の人がこの絵のカードをくれた。

お店はDunhill、
店の中は見るだけでにしたけど。

青森ヒバで作った教材

2011.10.27

本を読んだり、聞いたりするより実際に体験することで何倍もの実感が得られる。

女性だけのクラス(宮脇壇さんが創設したクラス)で、
彼女らに伝統工法の木組みのことを知ってもらいたく、
昔から付き合っている大工の嶋崎(株式会社 住み家)さんに教材となる材料を作ってもらった。
嶋崎さんとは30年以上の付き合い。
腕のいい大工に何人も会って来たが、その中でも3本の指に入る尊敬する人。
Tn_r0017782
彼女たちは民家園などで民家の見学をしたことがあるようだが、
ただ格好を見て来ただけで、
大工技術の難しさ、凄さなどは本当に感じ取ることはできなかったに違いない。

伝統工法は組み方の順序があり,間違えると組み上げられない。
彼女たちが組み上げている間,僕は黙って見ていて何も教えてあげなかったから、
試行錯誤、頭をひねりひねり1時間かけてやっと組み上げることができた。
Tn_r0017794
出来上がってVサイン。

加工技術の精度を出す技術、伝統工法の強度を出す仕組み、施工手順を考える能力など、
ちょっとした体験を通してだったけど、
感じてくれたかな?
少しでも感じてくれたら万、万歳( ^ω^ )

掲載雑誌の紹介

2011.10.21

新建築社「住宅特集」11月号で、
長野県で作った住宅が掲載されています。

よろしかったらご一読を。

芸術の秋 Ⅲ

2011.10.14

間違って上野に行き、あせって六本木の国立新美術館へ。

僕の知り合いがスペースデザイン部門に沢山出していた。
かなり身近な、しかも何十年かの付き合いの人たちで、作風の変化が読めて面白い。

彫刻部門には今年、98歳で亡くなった佐藤忠良さんの「帽子・夏」が飾られていた。
Tn_r0017628
佐藤さんのアトリエを訪ねたことがある。
寒い日だったが、ストーブの前で若造相手に目をきらりと輝かせながら、少しも威張ることなく、
いろんな話を聞かせて頂いた。
その時の話で最も印象に残っているのは、
佐藤さんは厳寒のシベリヤ抑留の体験者だが、

「シベリアから西へ行くと、陸続きでパリに歩いて行ける、
日本に帰るよりも、本当にパリの方へ行きたかった」

パリは芸術の都、そちらへ行きたかった。
極限状態の中でも芸術への思いを持ち続けておられたのだろう。

芸術の秋 Ⅱ

2011.10.03

不忍池の蓮を見ていて、ふと思い出したこととは、
大昔、高校生の時に見た日本画家、徳岡神泉の画集の中にあった「蓮」。

photo_4
超写実だが、
写実を通り抜け、超現実的な幽玄の世界に引き込まれる。
蓮の上の水滴が今にも転がり落ちそう、
それどころか、水滴が落ちる時の音さえ聞こえてきそうな感じがする。
徳岡神泉26歳、1922年の作。

久しぶりに古くなった画集を開いてみたが、やはり凄い。

芸術の秋 Ⅰ

2011.10.01

「新制作展」と言う公募展があります。
彫刻の佐藤忠良、船越保武、絵画では猪熊 弦一郎、
スペースデザイン部門では丹下健三、前川国男、吉村順三、
それに僕の先生もその部門を引っ張ってきた。
そうそうたるメンバーがいた長い歴史のある公募展です。
以上の人はみんな亡くなったけど、
僕の先生の弟子(兄弟弟子にあたる)たちは出品し続けていて、先週見に行ってきた。

現在は新しくできた国立新美術館で開かれているけど、
それまでは何十年も上野の東京都美術館で開かれてきた。
長い間見続けてき僕にとって「新制作展」と言えば上野の山、と先入観がある。

先週行ったとき、ついつい上野の方へ行ってしまった。
あっ、いけない、間違っていると気付いたのは上野の山を登る途中。
そういう人はけっこういるらしい。

日曜日と言うこともあって、まぁ~いいかと不忍池をぶらりと散歩。
不忍池には蓮がびっしりと群生している。
Tn_r0017621
蓮は不思議な植物。
沼からすっと茎が立ちあがって大きな丸い葉を持ちあげている。
葉の下はひっそりとしているが、よく見ると小さな生物がうごめく、近い景色の空間が広がる。
一方、葉の上は空の下で葉がずっと連なり、向こうまで見渡せる開放的な、遠い景色の空間だ。
遠い景色と近い景色、それぞれ違った両方の世界を同時に見ることができる植物だ。

蓮を見ていて、ふと思い出したことがあった。
それは次回に。

新宿3丁目交差点でデザイン分析を

2011.09.27

どこの建物と思いますか?
Tn_r0017541
新宿伊勢丹です。
おなじみのデパートだけど、建物を良く見た人は意外と少ないようだ。
アールデコのデザインで、昭和8年ころに建ったらしい。
なかなかのもである。

この写真は明治通り側のもので、新宿通側と若干デザインが違うが、どちらも同じモチーフを使っている。
1階と2階の間に御影石で作った帯状のレリーフが走っている。
このレリーフを良く見ると、縦方向には6分割してある。
その6段をどのように考えながらデザインしていったか?と思いながら見ると結構勉強になる。

40年後に…

2011.09.21

古いビルをお買いになった方がいて、
改装したいとのこと。

しかし改装工事といっても、
マンションの一室ぐらいだったらどうってことないが、
大きめの改装だと、配管やら耐震性能のチェックなどいろんな問題が出てくる。
しかも現場は遠い。

でもオーナーはこのビルに大変な愛着を持っておられるようで、
トイレの金具を自らピカピカに磨いておられた。
R0017573
40年前の男子トイレの金具とは思えないほどピカピカ
40年前と言えば、自分は何歳の時、その時のものかーと、いたく感動。
新品同様というか、それ以上。

オーナーがこれだけ愛着を持っているのであれば、
仕事をして応えないわけにはいかない。

しかも、天井裏のコンクリートの打設状態を見たらいい施工をしていた。
設計事務所の監理がきっちりしていたようだ。
デザインもその当時としてはかなりいい。
40年前の設計者がどのような人だったかは分からない。
ひょっとして、もう亡くなっているかもしれない。

後世にそれを見た設計者に評価される、
素晴らしいことだ。

ARCHIVE