ブログ
blog

今日はX’mas

2021.12.25

ずいぶん昔、メキシコに建築を見に行った時のお土産。
黒い髪のマリア様や天使。
メキシコ風、クリスマスの登場人物が一通りそろっています。

魯山人のスタンド

2021.12.07

20年くらい前、ミレニアムの頃に作ったお宅の一室を茶室にするという改修を頼まれ、
時々現場に行ったいるが、
設えが素晴らしい建主さんだ。
良いものがあるだけでなく、全体が調和するように設えてある。
季節に合った花がいつも生けてある。

その一つに、魯山人(ろさんじん)が作ったというスタンドがあった。
こんなスタンド見たことがない!
凄い存在感。
照明器具メーカーには絶対ない照明だ。

あとりえずTOKYO‐Ⅵ サラメシ

2021.11.13

僕の泉事務所は「あとりえずTOKYO」の建物の中にあります。
「あとりえずTOKYO」には建築設計事務所が10社入っています。
僕の事務所のように、ここを拠点にしている設計事務所もあれば、
2か所を拠点にしている設計事務所、
フリーアドレスの場所を使っている設計事務所、
など参加形式はさまざまです。

このように「あとりえずTOKYO」への参加形式はさまざまですが、
週に一度は誰かが当番で昼飯を作ることになっているので、
みんなが集まっての昼餐会です。
コロナになってから未だ、黙々と食事をしていますが、
食べ終わるとマスクをつけ、楽しい会話が始まります。
「供食」はやはりいいですね。

しかもこの日のメニューは、
友人の古川泰司さんが、わざわざ出張サービスで作りに来てくれたもので、
絶品の2種類のカレーを皆でごちそうになった。。
美味しかった!

内田光子

2021.10.20

内田光子さんはロンドン在住の日本が世界に誇るピアニスト。
昨日、彼女のサントリーホールでのコンサートがあった。

最初に内田さんのCDを聞いたのは、30歳半ばの頃か。
その頃からずっとファンで、日本での演奏会も何度も聞いている。
一度は、 上皇后 ・美智子さまもいらしていたことがあった。
内田さんのCDでよく聞いていたのは、モーツァルトのピアノ協奏曲。
仕事をしながらよく聞いていた。
どこか異界に誘ってくれるようなところがあり、こちらも仕事に乗せられる。
ピアノ協奏曲全集 内田光子(p) テイト&イギリス室内管(8CD)

EPSON MFP image

昨日サントリーホールで聴いた内田さんは 僕と同世代だけど、 元気そのもの。
僕も元気ですね、とよく言われるけど、僕なんて比ではない。
ステージでのおじきは頭が床につくのではないかと思われるほどに深々とし、それからさっと頭を持ち上げる。
アスリートといってもおかしくないくらい。
音楽家は特にそうだけど建築家も、体力は必須。

ちなみに昨日聞いたのはベートーヴェンのディアベッリ変奏曲。
1時間にも及ぶ曲を緊張感を維持し続け、感情と力にみなぎる演奏だった。
そして、またまた異界に連れて行ってもらった。

コロナ明け?

2021.10.14

ここ1年、店で飲むことができなかった。
やっと、10月1日から縛りがなくなり、
早速、堂々と皆で飲む。
カンパーイ!

家づくりの会でやっている「家づくり学校」の授業も一年以上ZOOMでやってきたが、
ZOOMだと、学生にどんな人がいるのか、なかなか頭に入らない。
昨年コロナ禍にになり、仕方なくZOOMでの授業を始めたが、本当にZOOMでの授業っていやだなー、と思っていた。
まずもって、学生の反応がまるで分らない。
一級建築士の受験勉強のようなものは、ZOOMでもありかと思うが、建築の設計はお互いに多様で雑多な内容を発信し、受け取ることで成立するものだ。
もっとも、ZOOMでも整理された情報など、例えば、細かい図面みたいなもはZOOMだと「画面共有」というやつで、よく伝えることができる。
しかし、人間が受け取る情報は、相手が整理した内容だけでなく、多方面の自発的な受け取り方があるもので、ZOOMだといろんなものが捨象されてしまう。
写真は「家づくり学校」の授業が終わって、学生諸君との飲み会の後。
何だか生き生きとした対話ができた。
ZOOMでは会っているのだが、一人々 々 がベールに隠れているようだった。
しかし、一発で、どんな人か、もちろん顔も頭に入った。

屋根のような壁

2021.10.02

最近よく行く現場への途中に、白い屋根の建物がある。
この屋根、どう見ても屋根の上部の左側が手前に、右側が奥に見える。
つまり、ねじれた ハイパボリック・パラボロイド曲面 (H・Pシェル)ではないか。
それにしてもよく作ったな~、きれいな曲面で、防水はどうしたんだろうと思いめぐらす。
それにしても、何でこんなに難しい屋根にしなければならなかったのか?

もうちょっと進み、建物の裏側から見たら…、

なーんだ、真っ平な壁じゃないかー。

街歩きシリーズ1 泉水堂

2021.09.19

街を歩いていると、そんなに知られているわけではないが、
これいいじゃん!と思わせるものを目にすることがある。
そんなものを見つけ次第、不定期に紹介します。

その第1回は、新宿花園神社と、 東京都建築士事務所協会が入っているビル に挟まれたビルの前庭にある泉水堂です。
東京で建築設計事務所をやっている人なら、事務所協会のビルには年に一回は年次報告書の提出のために立ち寄らなければならないから、見た人もいるかもしれない。

今時、こんなものを作るのは簡単ではない。
近づいてみると更にホレボレとする。
補修の跡があるから、このビルの新築に当たり何処からか移築してきたものなのだろうか。
この泉水堂、それなりの由緒のあるものに違いないと思い、ビルのに入り管理人さんや事務員さんに聞いたが、全くご存じではなかった。
何か手掛かりでもと思い、この泉水堂の周りをしげしげとみていたら、
このビルの反対側にある交番のおまわりさんから不審そうに見られていた。

ブラタモリ

2021.09.09

テレビを見る人が減ってるとか。
けっこういい番組をやっているんだけどねー。
もったいない。

自分は日曜日に1週間分の録画を予約している。
磯田道史さんのがやっているNHK、BSの「英雄たちの選択」とか、
これもNHK、BSの「ヒューマニエンス」。
8月になると例年やる終戦番組では、戦前、戦中、戦後の日本の近現代史を深堀している。
また時々は「ブラタモリ」。
ブラタモリはへー、そうだったのかと、感激することがよくある。
最近やってた「諏訪」も面白かった。
実は諏訪湖は中央構造線と糸井静岡構造線の交差点に位置するが、ある時構造線の一方がずれることで出来たんだとか、
なるほどねー、そうだったのかと、感心!
今度諏訪に行ったら、違った目で見るに違いない。

僕が使う諏訪の鉄平石も中央構造線の影響で出来ていたとか、
諏訪神社を始め、日本の聖地のかなりがこの構造線上にあるとか、
ますます感心してしまった。

TVって、面白い!

餃子とビールは文化です

2021.08.24

池袋西口を出て、大通りを西へまっすぐ歩いて暫く行ったあたりの右側に、
写真のような、建物全体が看板のような店があった。
看板全体のプロポーションも悪くないし、何だか元気。
看板にひかれて思わず、入った。
味も、見掛け倒しに終わらず美味しかった。
左下に、「餃子とビールは文化です」と書いてある。
そういえば、つい最近まで、そんな日があったな~、
忘れかけていた。

鯆 この魚どんな魚?

2021.08.17

寿司屋に行くと魚偏の漢字を書いた湯飲みや看板がよくある。
それを見ていたら鯆という字があった。
自分のことで申し訳ないが、名の幸甫の甫に魚がついた字があることはこの年になるまで知らなかった。
で、この字、何と読むか? 調べてみたら、
へー、イルカと読むのだそうだ。

ホトトギス

2021.07.22

茶会の席に飾る花を茶花(ちゃばな)といいます。
花屋さんで売っている花はどういうわけか、バラを始めとして洋物ばかり。
東京でも茶花を売っているところは僅か。
日本の茶花はもっと知られていいと思うのだが…。

その茶花の一つに「ホトトギス」があります。
鳥のホトトギスの胸毛に似ていてこの名前がついたとか。
前々からこのホトトギスを庭に植えたいなー、と思っていたが、
苗をネットで売っていることがわかり、
昨年 、5~6種類のホトトギスを敷地のあちこちに植えた。
ホトトギスにもいろんな種類があるようだが、
道路側に植えたホトトギスの一種「富士の雪」が最近、見事に花を付けた。
凄い!!

切って床の間に飾ろうかと思ったが、
切るのは忍びなく、そのまま道路に面して咲いている。

こくり、こくり

2021.07.13

私の事務所のある建物、「あとりえずbldg.」には、道路に面してベンチがあります。
古い鉄道枕木で作ったもの。
このベンチは 道路と建物の間のさり気無い結界になっていますが、実際に通りがかりの人に自由に休んでもらえれば、という思いもありました。
しかし、ベンチを作ったものの、本当に道行く人に利用してもらえるか、心配だった。
利用してもらえなければただの格好だけに陥る。
ところが意外と利用してもらえていて、特にお年寄りが腰かけて利用している。
下の写真はまだ肌寒い春先の頃のものだが、こくり、こくりとする人もいた。
このような仕掛けは設計者の思いと、実際は結構ずれることがあるが、このベンチは生うまくいった。

リコカツ

2021.06.23

つい最近まで、 TVで 「リコカツ」というドラマをやってた。
泉さん、リコカツというTV番組しってます?
泉さんが作った「泰山館」がロケ地になってますよ、
と教えてくれた人が何人もいた。
しかし、TV大好き人間だけど、ドラマはめったに見ないから、聞くまで知らなかった。
TVの画面の写真です。

ドラマ上の咲と紘一という二人が(くっ付いたり離れたりしたようだけど) 住んでいるマンションとしての設定だけど、
そのマンションは目黒区の東丘にあります。
僕が、もう30年前に設計した集合住宅です。
不動産業界ではビンテージ物、とか呼ばれている人気のマンション。
ただTVでは部屋の中はセットのようだった。

バレンボイム

2021.06.07

EPSON MFP image

バレンボイムは大ピアニストにして大指揮者。
現在78歳のユダヤ人で、人生が小説、映画になるくらいにいろいろとあった人だが、
ただ幼少のころフルトベングラーに天才と言わせたほど音楽的才能に恵まれていた人だ。
オペラを指揮した次にはベートーヴェンのピアノソナタ全曲、ピアノ協奏曲全曲をやり、
すぐにまたオペラをと、それも全部を暗譜でやるという超人。
エンジェルスの大谷君が勝利投手になった後、次の日にホームランを打つようなものだ。

そのバレンボイムが、このコロナ禍の中、サントリーホールで、ベートーヴェンの最高傑作、後期のピアノソナタ3曲のコンサートを開いた。
クラシックのコンサートはこのところコロナでなかなか行けず、昨年の3月に アンドラーシュ・シフ のコンサートを聞いて以来。
生、リアルの音はやはりいい。
CDで聴くのとはまるっきり違った世界だ。
細かいフレーズが本当によくわかるし、音がメッチャ美しい、キラキラ輝いていている。
一音一音にイメージが込められ、それを曲全体にわたって、 繊細に緻密 に上下左右前後 関係から練り上げて構成しているのが聞こえてくる 。
しかし、考えに考え一つの音楽を練り上げても、
血肉化し自分のものにしていかなければ音楽にならないない。
これができるのは世界のほんの一握りの天才。
そのような音楽を聞いていると、いつしか音楽と自分が一体となって忘我の世界に入ってしまう。
それこそが音楽の愉悦、幸せな瞬間だ!

そのような世界を作り上げるのは、建築にも通じていると思う。
一か所一か所の小さなディテールをおろそかにしては美しい建築は作れない。
前後左右上下の関係を粘り強く考え続け、全体を構成する・・・・・。
と言葉で言ってもね。

バレンボイムの泉愛用の素晴らしいCDを紹介します。
バッハ 平均律クラヴィーア曲集 全曲
モーツァルト モーツァルトピアノ協奏曲20~27番(特に21番)
ベートーヴェン ベートーヴェン ピアノソナタ全曲(特に30、31,32番)


「家づくり学校」13期募集中

2021.06.01

泉が校長を務めています「家づくり学校」13期の募集が始まっています。
大学では教わることのできない、全く異なった視野に立った建築の考え方、実践を学んでいます。
また7月12~18日は「家づくりギャラリー」で学校展&入学相談会を開きます。
「家づくり学校」に興味がある方はぜひのぞいてみてください。
(学校展については、下のチラシの最後に書いてあります)

岩絡み

2021.05.28

いま紫陽花が美しい季節。
御呼ばれで行った家の庭にも、とっても美しい紫陽花?が咲いていた。
ワーッ、キレー!と思わずつぶやく。
紫陽花に見えるのだが、よく見ると何か違う。
第一、花弁(本当は装飾花と呼ぶらしい)が一枚しかないし、
普通の紫陽花の葉っぱとは違いギザギザ( 鋸歯) がある。

そこで木や花の名前がわからないときにいつも頼るのが、
「このきなんのき」という樹木鑑定サイト 。
名前がわからないときに写真を入れて投稿すると、
見た人が教えてくれ、人のやさしさも感受できるうれしいサイトです 。

そうしたら答えてくれた方が二人いた。
「ツルになるアジサイの類ですが、白い装飾花が4枚ならツルアジサイ、これは1枚なのでイワガラミ」
「名前の通り、岩に絡むイワガラミ」とのこと。

それにしても、もう少しかわいい名前がないのかなー。
イワガラミでは少々イメージが違うけど。

小布施 □―

2021.05.23

長野の建設会社の社長に、「泉さんゆっくりして行ってよ!」
と引き止められ、小布施に立ち寄ることのになった。
小布施には随分昔、行ったことがあるが、
昔のことで、記憶がはっきりしない。
しかし、小布施の町は建築家の宮本忠長さんによる素晴らしい景観づくりの街、
ということは知っていた。
実際見て、 宮本さんはいい仕事をしたなー、と感激。
小雨で、夕暮れ時、さらに、コロナ禍で観光客は全くいないこともあり、
そんな幸運にも恵まれ、小布施の町を堪能することができた。
もちろん宮本さんの力だけでなく、町の人々の思いがあればこそ、
このような景観づくりができたのだろう。
で、歩いていたら立派な、美しい窓の蔵ががあった。
桝一という酒屋の蔵らしい。
この酒屋も街づくりに多大な貢献をしたに違いない。

桝一の店先に下の写真のような瓶が飾ってあった。
以前、どなたかにもらったことのあるお酒で、
アッ、ここにあった!!と感激。
美味しかったうえに、何たって瓶がかっこよく、
何時かまた手に入れたいな、と思っていたそのお酒が目の前にあった!
建設会社の社長の解説では、桝一の桝は、四角、一は一で、
このデザインになり、読み方はスクウェア ワンと呼ぶようになったとか。
イカシテル!。

鰻の寝床

2021.05.20

最近完成した幅が4m、長さ15mしかない細長い敷地に建つ住宅です。
建物は隣地や道路から多少は離さなければならないので、
建物の幅は3mしか取れない。
まさしく鰻の寝床のような敷地。

1階の親世帯のリビングの写真で、手前にキッチンとダイニングがあり、
その奥に畳を敷いた小上(こあが)りがある。
床が上がった分には引き出しを作り、畳は薄縁にして、床暖房を設けた。
最も奥の障子の先には猫の額程の庭があり、
ミズキを植え障子に枝葉の影が映っている。

2階は子世帯で、手前がやはりダイニングとキッチン、
その先にリビング、さらにその先にバルコニーがある。
上部には屋根裏部屋も作った。
この住宅、高級な食材の鰻のような2世帯住宅。